神奈川県厚木市の住宅リフォーム、水まわり キッチン,浴室,トイレ,洗面などのリフォーム工事

外壁サイディング

サイディングとは?

サイディングとは?
サイディングとは、レンガやパネルのような同一規格の板状の外壁材の事を言います。
パネルを家の周りに貼り付けていくような形です。
サイディングはデザインバリエーションがとても豊富で、表面の表情が多様なのも人気の要因の一つです。
タイル風、石積み風、板張り風と、一目みただけでは本物とかわらないような風合いを持つ商品もあります。

サイディングとその他の外壁材

外壁材にはサイディングの他に、塗り壁、タイルなどがあります。外壁材の種類と、手入れの方法を知ることによって、建物の耐久年数が変わってきます。
耐久性は地理的な要因や、定期的な補修によっても、変わってきます。

塗り壁・モルタル

セメントと砂、混和材を混ぜ、水を加えて練ったモルタルを下地として、樹脂系の素材や漆喰、珪藻土を塗装とする方法です。
仕上げは、樹脂系の素材を吹き付けたり、コテやローラーなどで多様な模様を施したりしたものがよく見られます。
仕上げの方法によって様々な表情が生まれるのが大きな魅力です。
近年はシックハウス症候群などが話題となり、健康住宅への関心の高まり、漆喰や珪藻土の塗り壁も増えています。

セラミック外壁

セラミック外壁は釉薬の特性を生かし、焼き物同様のガラス質を表面としたものです。
親水性のあるセラミックによって、汚れは雨水で流れ、耐熱、耐水、耐火性にも優れた素材です。
色あせや劣化の心配もなく、メンテナンスはほとんど不要です。
料金はサイディングなどよりもかかってしまいますが、長期的に考えると割安になるかもしれません。

レンガ、ブロック

レンガやブロックで仕上げた外観は、輸入住宅などを中心に用いられており、欧米の邸宅のような仕上がりになります。
近年は軽量化や、形状の工夫などにより施工性が高まってきました。
古レンガ風などのデザインもあり、サイディング同様バリエーションの幅が広がっています。

タイル

タイルは粘土を主原料に各種の鉱物を混ぜて板状に成形し、焼成した素材です。
外壁だけではなく、床や内装にも用いられます。
焼き方や吸水率の違いなどで、タイルによっても種類がわけられます。
汚れがつきにくく、メンテナンスは不要なのが魅力でしょう。
ただし、料金的にはサイディングなど、他の外壁材に比べて高い傾向にあります。

樹脂製サイディング ポリマパネルの特徴

1、錆、腐食にも強く、丈夫な建材です。
樹脂製なので錆や腐食に強く、酸性雨や塩害の地域にも安心してお使いいただけます。
また、耐衝撃性にも優れ、丈夫で長持ちする外装材です。

2、美しい仕上がりで、種類も豊富です。
塗装のように剥がれたり退色することがなく、いつまでも新築同様の美しさを保ちます。
カラーバリエーションも豊富で、好みに合わせた色をお選びいただけます。

3、施工性に優れています。
電動ノコギリや板金バサミで簡単に切断でき、軽量なので簡単に持ち運びできます。

4、新築に対応した防火認定を取得しています。
在来工法・2×4工法において、防火認定を取得していますので、新築物件にも安心してお使いいただけます。

5、リフォームにも適した外装材です。
今までの既存の壁に直接張れるため、既存壁を剥がす必要がありません。
また軽量ですので建物へ負担をかけません。

6、メンテナンスが容易です。
樹脂製なので、通常の汚れは水洗い程度で落とせます。
また、万一破損してもその部分だけを簡単に張り替えられ、シーリングの補修や再塗装も不要な為、大がかりな定期メンテナンスの必要もありません。

樹脂製サイディング ポリマパネル製品紹介

樹脂製サイディング ポリマパネル製品紹介

SPシリーズの特徴
豊富なカラーバリエーション8色をご用意しております。
重ね合わせ部に折り返しを設け強度をアップしました。
クリップボード、ダッチラップ型2種類の形状で美しい外装に仕上がります。






DXシリーズの特徴
新築にも劣らない高級外装化粧材DXシリーズ。
折り返し部分を多くし更に強度をアップしました。
木目調3色、濃色3色をシリーズ化いたしました。









Sシリーズの特徴
脂サイディングスタンダードタイプです。
樹脂製なので錆び、腐食に強くしかも軽量で、既存壁の上から施工出来るのでリフォームに最適です。
従来のベージュ、グレーに加えてマロンが新色として登場しました。

樹脂製サイディング ポリマパネルは
信越ポリマー株式会社の商品です。
株式会社 プランニング・ハート
〒243-0206
神奈川県厚木市下川入5-1
TEL:046-204-0316
FAX:046-204-0317
Mail:info@planning-heart.com